動物介在活動 メリット

動物介在活動の3つのメリットとは?

動物介在活動は胴部介在療法とは違います。
この点、十分ご了承ください。

 

動物介在活動

 

動物介在療法と動物介在活動の違いはこちらの記事を参考にしてください。
動物介在療法と動物介在活動の違いは?

 

簡単に説明しますと動物介在療法は治療目的ではない動物と人間が触れ合う活動のことで、
動物介在療法は治療目的の活動のことです。

 

つまり動物介在活動と動物介在療法の違いは治療目的かどうかです。
それでは動物介在活動のメリットを3つご紹介します。

 



 

動物介在活動のメリットを3つご紹介します

 

人間関係の潤滑剤になる

 

動物介在活動は動物と人間が触れ合う活動です。

 

動物介在活動

 

たとえばかわいいワンちゃんを老人ホームに連れて行ったとします。
普段は話のネタのない高齢者の方でも、かわいいワンちゃんがいれば
他の高齢者の方に、「あのワンちゃんかわいいね」と会話ができるわけです。

 

これにより、普段は会話しない者同士でも動物が介在することで
良好な人間関係を築くことができるようになります。

 

これは大きなメリットといえますね。

 

不安やストレスを癒すことができる

 

老人ホーム

 

動物介在活動は刑務所や老人ホームなどで行います。
老人ホームや刑務所の方々は孤独であることが多いです。

 

孤独は将来への不安や死への恐怖を募らせます。
また孤独はストレスの原因です。

 

そんな不安やストレスを感じているときに動物と触れ合うことで孤独から解放されます。
これもかなり大きなメリットだといえるでしょう。

 

積極的な性格になれる

 

老人ホーム

 

普段は会話もせず、外出もしない状態の方でも
動物と触れ合うことで、積極的になれます。

 

動物を触りたいという欲求から、積極的に体を動かしたり
「かわいいね」と言葉を発したりするようになるからです。

 

普段、会話をしないとか、体を動かさないというのは
認知症や寝たきりの原因になります。

 

そういった意味で、動物介在活動も治療は行えないものの
かなり意味のあるメリットの大きな活動と言えるでしょう。

 

最後にまとめますと

 

動物介在活動の3つのメリットとは
  1. 不安やストレスを癒すことができる
  2. 不安やストレスを癒すことができる
  3. 積極的な性格になれる

 

でした。

 

動物介在活動をしたいなら、噛みつかない従順な犬を育成できるスキルがあった方がよいですよ。

 



 

こちらも参考に!⇒動物介在療法をおこなうためにあった方がよい資格は?

 

動物介在活動の3つのメリットとは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

動物介在活動のデメリットとは?
動物介在活動のデメリットについてわかりやすく解説しました。
動物介在活動を刑務所で行う意味とは?
動物介在活動を刑務所で行う意味についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の利点とは?
動物介在活動の利点は何でしょうか?わかりやすく解説しました。
動物介在活動の欠点とは?
動物介在活動の欠点についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の活動内容は?
動物介在活動の活動内容についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の効果は?
動物介在活動の効果についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材