動物介在活動 刑務所

動物介在活動を刑務所で行う意味とは?

動物介在活動は動物と接することで人間に癒しを与えるなどの活動のことをいいます。

 

動物介在活動

 

動物介在活動と似た用語に動物介在療法があります。

 

動物介在療法は医師や臨床心理士が中心になって
うつ病のなどの患者さんの治療を動物と一緒に行う治療法のことをいいます。

 

つまり動物行動療法と動物介在活動の違いは治療を伴うかどうか?です。
さらに詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。
動物介在療法と動物介在活動の違いは?

 

話は戻って動物介在活動は普段さみしい環境に置かれた方が対象です。

 

刑務所

 

動物介在活動の対象者は
  • 老人ホームの入所者
  • 刑務所の受刑者
  • 保育園の園児

 

などです。

 

この記事では動物介在活動を刑務所で行う意味について解説します。

 

 

動物介在活動を刑務所で行うとどんな効果が得られるの?

 

今からお話しする内容はアメリカの刑務所で実際にあった事例です。

 

刑務所の受刑者に動物介在活動の一環として
  • 犬のお世話
  • 犬のシャンプー
  • ペットの治療の補助

 

などを手伝わせたそうです。

 

その結果、受刑者たちは「自分にも社会貢献ができた」と自信が持てるようになりました。

 

刑務所

 

また、受刑者がお世話をした犬は捨て犬でした。
捨て犬たちをお世話したことで、従順で飼いやすい犬になりました。
その結果、捨て犬たちに新しい家族が見つかったそうです。

 

これはある意味WIN-WINの関係ですね。

 

受刑者にとっても社会貢献ができ自分に自信が持てたし
犬たちも新しい飼い主が見つかったわけですから。
誰も損をしていません。メリットばかりです。

 

最後にまとめますと

 

刑務所で動物介在活動が行われると
  • 受刑者たちに自信が生まれる
  • 受刑者たちの心も癒される
  • 捨て犬たちを助けることにつながる

 

というメリットがあります。

 

こんな感じで動物介在活動はメリットばかりに見えそうですが
実はデメリットもあります。

 

メリットばかりの話なんてありません。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
動物介在活動のデメリットとは?

 

こちらも参考に!⇒動物介在活動の3つのメリットとは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

動物介在活動の3つのメリットとは?
動物介在活動の3つのメリットをご紹介します。
動物介在活動のデメリットとは?
動物介在活動のデメリットについてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の利点とは?
動物介在活動の利点は何でしょうか?わかりやすく解説しました。
動物介在活動の欠点とは?
動物介在活動の欠点についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の活動内容は?
動物介在活動の活動内容についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の効果は?
動物介在活動の効果についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材