動物介在活動 活動内容

動物介在活動の活動内容は?

動物介在活動 活動内容

 

この記事では動物介在活動の活動内容について解説します。

 

動物介在活動の内容はこちらの動画をみればすぐにわかります。

 

 

そもそも、「動物介在活動って何?」とか
「動物介在活動のデメリットやメリットって何?」
と気になる方はこちらの記事を先にご覧ください。

 

 

 

動物介在活動の活動内容について

 

動物介在活動に向いている動物

 

まず動物介在活動をするうえで
活動に向いている動物を選びます。

 

動物介在活動に向いている動物は
  • 健康的に飼育されている
  • 実際に健康的で感染症にかかっていない
  • 他人に吠えたりしない
  • 他人に噛みついたりしない
  • 友好的

 

です。

 

たとえば感染症にかかっている動物を
動物介在活動に利用できません。

 

老人や子供は体の抵抗力が弱いです。
そのため感染症にかかっている動物と触れ合うことで
老人や子供が病気にかかってしまう可能性がありますから。

 

上記の条件にかなった動物を動物介在活動に利用します。

 

動物介在活動の活動内容

 

動物介在活動では
  • 老人ホームなどの施設
  • 刑務所
  • 保育園
  • 幼稚園
  • 病院

 

などに動物と一緒に出向きます。

 

出向く前にはきちんと
もし動物が人間を噛んだ場合の補償内容や活動場所、活動時間などを
しっかりと話し合って決定しておきます。

 

そして実際に相手先に動物と一緒に出向きます。
たとえばこちらの動画のように個人宅に出向いて
動物介在活動を行う場合もあります。

 

 

こんな感じの活動内容がおこなわれています。

 

動物介在活動によって
  • 老人ホーム全体の雰囲気が明るくなった
  • 動物に触れようとする体を動かすことでリハビリになる
  • 老人同士子供同士において共通の話題作りに役立つ

 

などのよい効果があらわれてきます。

 

以上で動物介在活動の活動内容についての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒動物介在活動の欠点とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

動物介在活動の3つのメリットとは?
動物介在活動の3つのメリットをご紹介します。
動物介在活動のデメリットとは?
動物介在活動のデメリットについてわかりやすく解説しました。
動物介在活動を刑務所で行う意味とは?
動物介在活動を刑務所で行う意味についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の利点とは?
動物介在活動の利点は何でしょうか?わかりやすく解説しました。
動物介在活動の欠点とは?
動物介在活動の欠点についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の効果は?
動物介在活動の効果についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材