動物介在活動 利点

動物介在活動の利点とは?

動物介在活動 利点

 

アニマルセラピーは
  • 動物介在療法
  • 動物介在活動

 

の2つにわけることができます。

 

動物介在療法とはお医者さんや看護師さんといった医療に関係している人が
人間の患者さんの治療目的で動物を使用することをいいます。

 

これに対して動物介在活動とは動物介在療法みたいな治療目的ではおこないません。
単純に人間が動物と触れ合うための活動のことをいいます。

 

「日本では動物介在活動、動物介在療法のどっちが主流なの?」
と思われた方もいるかもしれません。

 

結論としては動物介在活動が主流です。
動物介在療法はほとんど行われていません。

 

そこでこの記事では動物介在活動の利点について解説します。

 

動物介在活動にはどんな利点があるの?

 

動物介在活動

 

結論としては人間の心と体の調子をよくしてくれます。

 

「よくわかりません・・・」
という方のために具体例を挙げてみますね。

 

たとえば普段は険しい顔をして「お前みたいなやつとしゃべりたくない」
と娘に怒鳴りつけていたお父さんも、犬と接するだけで「かわいいなぁ」
と急に優しい性格に変わることがあります。

 

あと、普段は会話しない人の間に動物がいると
動物を介して「あの猫かわいいね」と会話し始めることがあります。

 

あと、動物を触るだけでオキシトシンという
幸せを感じさせてくれるホルモンが分泌されることがわかっています。

 

「オキシトシンって何?」とよくわからない方は
こちらの記事が詳しいです。
オキシトシンとペットの関係

 

動物に触れる子供

 

とにかくかわいい動物に触れるだけで、幸せを感じるので
心の調子がよくなります。

 

それから、心の調子が悪いとうつ病になったりします。
うつ病になると、心だけでなく食欲が落ちてガリガリになったり
お腹が痛くなるなど、体の不調をきたすこともあります。

 

心の病気からくる体の不調に対しても
動物に触れることで幸せを感じ、うつ病の調子がよくなり
体の調子もよくなる可能性が高いです。

 

以上が動物介在活動の利点です。

 

ただ、どんなことでもそうですが、利点もあれば欠点もあります。
次の記事では動物介在活動の欠点について解説します。

 

こちらも参考に!⇒動物介在活動の欠点とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

動物介在活動の3つのメリットとは?
動物介在活動の3つのメリットをご紹介します。
動物介在活動のデメリットとは?
動物介在活動のデメリットについてわかりやすく解説しました。
動物介在活動を刑務所で行う意味とは?
動物介在活動を刑務所で行う意味についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の欠点とは?
動物介在活動の欠点についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の活動内容は?
動物介在活動の活動内容についてわかりやすく解説しました。
動物介在活動の効果は?
動物介在活動の効果についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材