動物介在療法 臨床心理士

臨床心理士も動物介在療法に参加できるの?

動物介在療法とは動物を介して人間の病気を治療する方法のことです。

 

動物介在療法

 

人間の病気の治療が目的ですから、医療のプロフェッショナルである
医師、看護師、理学療法士、作業療法士などが動物介在療法を行う資格があります。

 

では、臨床心理士はどうでしょう?

 

 

臨床心理士も動物介在療法を行うことができるのでしょうか?

 

結論としては臨床心理士も動物介在療法を行うことができます。
なぜなら、動物介在療法の対象者は、うつ病などの
心身に不調をきたした方も含まれるからです。

 

臨床心理士は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が
認定した者だけが名乗れる資格です。

 

人間の心の問題を解決するための専門職です。

 

動物介在療法

 

動物介在療法の対象者はうつ病患者さんや刑務所に入っている方、
老人ホームの入所者など、心のケアが必要な方です。

 

さらに詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。
動物介在療法の対象者は?

 

人間の心のケアと言うことを考えるとお医者さんと同じくらい
臨床心理士の方は動物介在療法の一員として重要な存在だと言えるでしょう。

 

ちにみに動物介在療法と似ている用語に動物介在活動があります。

 

動物介在療法は動物を介した治療法のことです。
動物介在活動は治療ではなくて、動物と接することで
さみしい気持ちを癒してあげる活動のことです。

 

動物介在療法

 

動物介在療法は臨床心理士や医師がいないとできません。
でも動物介在活動は医師や臨床心理士がいなくても可能です。

 

そういった意味ではもしあなたが現在臨床心理士などの資格を持っていないけど、
動物を介した活動をしたいなら動物介在活動を実践するとよいでしょう。

 

ただ将来どうしても動物介在療法をしたいなら
臨床心理士や医師の資格を取得するために勉強をがんばりましょう。

 

最後にまとめますと、臨床心理士は動物介在療法を実践できます。

 

こちらも参考に!⇒動物介在療法と動物介在活動の違いは?

 

臨床心理士も動物介在療法に参加できるの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

動物介在療法の対象者は?
動物介在療法の対象者についてわかりやすく解説しました。
動物介在療法と動物介在活動の違いは?
動物介在療法と動物介在活動の違いについてわかりやすく解説しました。
動物介在療法のできる犬種は?
動物介在療法のできる犬種についてわかりやすく解説しました。
動物介在療法をおこなうためにあった方がよい資格は?
動物介在療法をおこなうためにあった方がよい資格について解説します。
動物介在療法で食べていくならどの大学がよい?
動物介在療法で食べていくならどの大学がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材