動物介在療法 資格

動物介在療法をおこなうためにあった方がよい資格は?

動物介在療法は動物を人間の医療の一部に参加させて、
患者のメンタルケアやリハビリ運動に役立てることで、俗にアニマルセラピーとも呼ばれるものです。

 

動物介在療法

 

海外では動物介在療法は国家資格となっている国もありますが、
日本ではこうした仕事をする上で
絶対に必要な資格というものは存在していません。

 

しかし、動物を使って肉体的、精神的にケアが必要な人の元へ行くわけですから、
最低限、動物介在療法に関する知識や技術、動物の飼育やしつけに関する知識、
高齢者や障害者への接する技術などが求められます。

 

そのため、動物介在療法をおこなうのであれば、
こうした知識や技術を習得できる資格を持っておいた方がよいといえます。

 

動物介在療法

 

例えば、動物のしつけや飼育に関する資格として考えられるのが訓練士や動物看護士の資格です。

 

また動物介在療法は人間の治療の一環として行われます。
だから医師や看護師のような人間の国家資格も動物介在療法を行う上で
あった方がよい資格になります。

 

高齢者

 

また高齢者や障害者の心理などを理解しなければ動物介在療法は上手くいきませんので、
人の心理や特性をくみ取る社会福祉学や心理学、
カウンセラーなどの資格も持っていると役に立ちます。

 

たとえばこんな資格があれば、みんなから尊敬されますし
動物介在療法をおこなうことができます。
詳細はコチラ

 

上記は基本的には民間の資格となることが多いのですが
取得のためにはそれなりの勉強が必要となります。

 

ただ動物介在療法をおこなううえで役立てることが出来る資格です。

 



 

こちらも参考に!⇒動物介在療法のできる犬種は?

 

スポンサードリンク

関連ページ

動物介在療法の対象者は?
動物介在療法の対象者についてわかりやすく解説しました。
動物介在療法と動物介在活動の違いは?
動物介在療法と動物介在活動の違いについてわかりやすく解説しました。
動物介在療法のできる犬種は?
動物介在療法のできる犬種についてわかりやすく解説しました。
臨床心理士も動物介在療法に参加できるの?
臨床心理士も動物介在療法に参加できるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
動物介在療法で食べていくならどの大学がよい?
動物介在療法で食べていくならどの大学がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材