アニマルセラピー 効果 猫

猫のアニマルセラピーによる5つの効果とは?

アニマルセラピー 効果 猫

 

この記事では猫によるアニマルセラピー効果について解説します。

 

とその前にアニマルセラピーとはどんなことを言っているのか?
よくわからない方は、こちらの記事をご覧ください。
アニマルセラピーとは何のこと?

 

ちなみにアニマルセラピーに向いている猫は
  • ラグドール
  • バーマン

 

です。

 

では本題にうつっていきましょう。

 

猫でアニマルセラピーを実施した時に得られる5つの効果

 

効果1.血圧

 

上司に怒鳴られる部下

 

たとえば、あなたに「お前、まったく使えないな」
とか、「二度と俺の前に姿をみせるな!」とか言われたらイライラして
血圧が上がると思います。

 

つまりイライラしてストレスを感じたら血圧が上がるわけですね。

 

これに対して猫ちゃんと接すると気持ちが癒されます。
ストレスが解消されるわけです。

 

その結果、血圧が下がり、元のちょうどよい状態に戻ります。

 

効果2.体の抵抗力がアップする

 

猫に癒される

 

先ほど、ストレスの話をしました。
ストレスを感じると私たちの体にある副腎髄質というところから
ステロイドホルモンが分泌されます。

 

ステロイドホルモンは嫌われがちなステロイドのお薬と同じです。
ステロイドはかゆみを抑えてくれたりしますが、その反面体の抵抗力を落とします。

 

つまりストレスを感じるとステロイドホルモンが分泌され体の抵抗力が落ちるわけです。

 

これに対して猫ちゃんと接することでストレスが減る結果
ステロイドホルモンの分泌が減り、体の抵抗力が元の状態に戻るわけです。

 

効果3.リラックス

 

 

猫ちゃんは機嫌がいいと上記の動画のように「ゴロゴロ」と鳴きますね。
「ゴロゴロ」と鳴く音は30〜40ヘルツくらいの低周波です。

 

この「ゴロゴロ」を聞くと私たちは幸せな気持ちになり
不安が減ってくることがわかっています。

 

その結果、リラックスできるわけですね。

 

効果4.心臓病の予防

 

心臓病の予防

 

上記のような猫ちゃんの「ゴロゴロ」音のおかげで
心臓麻痺がおこる確率が下がるというデータがあります。

 

猫ちゃんと接することで血圧が下がるわけですから
心臓の調子がよくなるのは、なんとなく想像できますね。

 

効果5.脳卒中の予防

 

脳卒中の予防

 

脳卒中とは
  • くも膜下出血
  • 脳梗塞

 

といった即死するリスクのある脳の病気のことをいいます。

 

くも膜下出血は芸能人もよく起きていますね。
たとえばこちらの記事で書いている芸能人もくも膜下出血を起こしています。
くも膜下出血を起こした芸能人の詳細はコチラ

 

猫ちゃんと接することで脳卒中になる危険性が約30%も下がったというデータもあります。
脳卒中の原因に高血圧があります。

 

やはり猫ちゃんと接することで血圧の調子がよくなり、
脳卒中の可能性が減ってくるのでしょう。

 

最後にまとめますと

 

猫によるアニマルセラピーの効果は
  1. 血圧
  2. 体の抵抗力がアップする
  3. リラックス
  4. 心臓病の予防
  5. 脳卒中の予防

 

 

の5つです。

 

こちらも参考に!⇒アニマルセラピーとは何のこと?

 

スポンサードリンク

関連ページ

アニマルセラピーとは何のこと?
アニマルセラピーとは何のことなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材