人が学ぶイヌの知恵 レビュー

『 人が学ぶイヌの知恵』レビューおすすめポイントはどこ?

将来ドッグトレーナーを目指しているあなたへ『人が学ぶイヌの知恵』をおすすめします。
実際に私も購入し何度も熟読しています。

 

証拠の画像はコチラ

 

人が学ぶイヌの知恵

 

 

こんな感じで重要な所には線を引いています。
また、この本の素晴らしい点は画像をご覧になっていただくと明らかなように、
左ページに説明文が、右ページには説明を補足するための図解が入っているところです。

 

人が学ぶイヌの知恵

 

たとえば、上記の画像は『人が学ぶイヌの知恵』74〜75ページのものですが。
左ページには肛門嚢の分泌物には少なくとも12種類の物質が含まれていることが書いてあります。

 

そしてその物質の臭いで犬の情報を周りの犬が把握しているということが書いてあります。

 

右のページでは、肛門嚢の臭いを嗅いでいる別の犬の絵や
肛門嚢が炎症を起こすとどんな症状が起こるのか?絵で説明しています。

 

たとえば、ドッグトレーナーであるあなたに飼い主さんから
「うちの犬、最近ずっとお尻をひきずって歩くんですけど
問題行動ですか?」と相談を受けたとします。

 

こんな相談でも『人が学ぶイヌの知恵』の74〜75ページを読んでいただければ、
それは肛門嚢がたまっているからですよ。
トリミングサロンに行ったら出してもらえますよ
」と適切なアドバイスをすることができます。

 

その結果、ドッグトレーナーとしてのあなたに対して
信頼感が高まっていくわけです。

 

こういった感じで、ドッグトレーナーとして知っておいた方がよい
犬の心理や意外な情報がわかりやすく解説されています。

 

疑問に感じる女性

「でも、この本の著者は信用してよい人なの?」

と心配な方もいるでしょう。

 

この『人が学ぶイヌの知恵』の著者は

  • 東京農工大学農学部獣医学科教授の渡辺元先生
  • 東京農工大学農学部獣医学科准教授の甲田菜穂子先生

 

など、犬のしつけや獣医学に関する第一人者ばかりが
執筆していますので、情報は信用して大丈夫です。

 

この本の中であなたがおそらく意外に感じると思うのが
  • 犬は家族に順位をつけていないこと
  • 犬は地震を予知できるのかどうか?
  • 盲導犬や警察犬はなぜ純血種しかいないのか?
  • 犬も風邪をひくことはあるのか?
  • なぜ猫は木に登れるのに犬は登れないのか?
  • 人間の生理と犬の生理の違い
  • 犬は飼い主に叱られるとどんな行動をするのか?
  • いびきをかく犬の特徴とは?

 

などなどの興味深い内容がたくさん掲載されていますよ。

 

 

人が学ぶイヌの知恵 (東京農工大学サイエンス選書―知らなかった自然のふしぎシリーズ)

 

 

その他のおすすめ本はコチラ

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

こころのワクチンレビュー
『こころのワクチン』のレビューページです。ドッグトレーナーを目指すなら必読書です。内容に関してはこちらの記事を参考にしてください。
『もしも、うちのワンちゃんが話せたら・・・』
『もしも、うちのワンちゃんが話せたら・・・』という書籍が大変ドッグトレーナーになる方の参考になります。そこで詳しくレビューしました。
ドッグトレーニングパーフェクトマニュアル
『ドッグトレーニングパーフェクトマニュアル』をおすすめする理由をレビューします。ドッグトレーナーを目指す方の必読書です。
ドッグトレーナーは犬の気持ちがわかりますか?
ドッグトレーナーになると犬の気持ちわかるのでしょうか?DVDを販売している作者の事例を通じて解説します。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材