警察犬訓練士 種類

警察犬訓練士にはいろんな種類の資格があるのですか?

警察犬訓練士は警察犬を育成する専門職です。
警察犬訓練士と聞くだけで「かっこいい!」と感じている方もいらっしゃるでしょう。

 

ただ、警察犬訓練士って一種類だけだけではありません。二種類あります

 

「二種類?警察犬訓練士は警察犬訓練士でしょ!?一種類だけなんじゃないの?」
と疑問に感じてしまった方もいるかもしれませんね。

 

疑問に感じす女性

 

でも、警察犬訓練士には二種類あります。

 

具体的には
  • 直轄警察犬訓練士
  • 嘱託警察犬訓練士

 

の二種類です。

 

 

直轄警察犬訓練士は「ちょっかつけいさつけんくんれんし」と読みます。
こちらは警察官です。

 

警察官

 

つまり、公務員試験に合格し警察官として採用された後、
「あなたは直轄警察犬訓練士としてお願いします」と
上司から任命されて初めて警察犬訓練士になれます。

 

とはいえ、直轄警察犬訓練士は公務員ですから
毎月のお給料も警察官としてもらえますし、ボーナスもガッツリ支給されます。

 

将来の安定性でいえば、直轄警察犬訓練士は非常におすすめです。

 

ただし、直轄警察犬訓練士は公務員です。
公務員試験に合格する必要があったり警察官として採用される必要があります。

 

つまり、難関資格です。

 

また、警察官になれたとしたって直轄警察犬訓練士になれるかどうか?
は上司の考え方次第です。

 

上司から「お前は交通整理係だ!」と任命されたら
あなたは直轄警察犬訓練士になれません。

 

あなたがどうあがこうと、交通整理係しかやってはいけないんです。
これが最大のデメリットです。

 

 

続いて嘱託警察犬訓練士ですが。
「しょくたくけいさつけんくんれんし」と読みます。

 

こちらは警察から「警察犬を育成してくれませんか?」
とお願いされて、あなたが「わかりました」と契約することで成立する資格です。

 

つまり、嘱託警察犬訓練士は警察官のような公務員ではなく
民間資格なわけです。

 

だから、お給料も不安定ですし、ボーナスもないと考えた方がよいです。
とはいえ、こちらはあなたがなりたいと願いつつ必死で努力すればなることができます。

 

どうやって警察犬訓練士になるか?は
こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

警察犬訓練士になるには2つの方法があるのをご存知ですか?

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材