盲導犬訓練士になるには

盲導犬訓練士になるにはどんな試練に耐える必要がありますか?

「盲導犬訓練士になりたい!」
と思っても、どうすれば盲導犬訓練士になれるのかよくわからない。

 

盲導犬訓練士

 

そんな悩みを持っている方は多いです。

 

そこでこの記事では盲導犬訓練士になるには
どんな試練に耐える必要があるのか?わかりやすく説明します。

 

 

盲導犬訓練士になるには?

 

盲導犬訓練士になるには、盲導犬を育てている団体で働くことです。

 

ただ、日本全国にはたったの11の団体しかありません。
だから、あなたが「じゃ、盲導犬を育成する団体に就職しよう!」
と思っても、倍率が高すぎてそう簡単に採用されません。

 

また、毎年どの団体もスタッフを募集しているわけでもありません。
誰かがお仕事が嫌になって辞めていってくれないと募集しないのです。

 

それは当然のことですね。

 

スタッフでいっぱいなのに
必要ないのにスタッフを募集するわけありませんから。

 

盲導犬訓練士に悩む女性

 

「じゃ、募集が始まるまで何をして待っていればいいの?」
と思われた方もいるでしょう。

 

募集開始になったときに
あなた自身の能力を採用担当者にアピールできなければ
不採用になるのは確実でしょうから。

 

そういった意味では募集までにやれることはやっておいた方がよいわけです。

 

募集までにやれることは2つあります

 

1つは団体のボランティア活動に参加することです

 

盲導犬の訓練に携わることは許されていません。
ですが、盲導犬がいる犬舎掃除とかトイレ掃除などなど
無償でなら団体に関係することはできます。

 

ボランティアとして必死で働くことで
いざ募集が始まった時に採用されやすくなることは当然です。

 

面接のときに始めて見る人より
ボランティアとして必死で頑張った人を採用したい気になるのは
当然だからです。

 

あともう一つとしては

 

盲導犬が必要になる視覚障がい者に関する知識を学ぶことです

 

こちらも、障害者に関する知識がまったくない人よりも
知識のある方を採用するのは当たり前でしょう。

 

「でも、どこでそんな知識を学べばいいの?」
と思った方もいるかもしれません。

 

そんな場合にはこちらで学ぶことをおすすめします。

 

↓ ↓ ↓

 

国立障害者リハビリテーションセンター学院

 

障害者に関する様々な知識について専門的に学ぶことができますよ。

 

 

もし、「そこまでしてまで盲導犬訓練士になりたくないな」
と少しでも思ったのなら、まずはドッグトレーナーを目指してみてはいかがですか?

 

ドッグトレーナーとは家庭犬のしつけを行う専門職のことです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

↓ ↓ ↓

 

続きはコチラ

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材