聴導犬

聴導犬記事一覧

盲導犬・介助犬・聴導犬の違いは?

日本には、盲導犬、介助犬、聴導犬の3種類の補助犬がいます。目の不自由な人の歩行などをサポートする盲導犬身体の不自由な人の生活をサポートする介助犬耳の不自由な人に音をしらせる聴導犬盲導犬の役割補助犬のなかでも一番認知度が高く町でも時々見かけますよね。盲導犬の大切な仕事は、目の不自由な人が安全に歩くお手...

≫続きを読む

聴導犬育成に関する3つの問題点とは?

聴覚障害者をサポートする聴導犬は多くの需要があります。でも聴導犬の頭数がとても少ないです。なかなか聴導犬と暮らすことは難しいのが現状です。いくつかの問題があるため聴導犬が少ないためです。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ccee9d0.786d...

≫続きを読む

聴導犬になれる犬種って決まってるの?

日本で補助犬として認められているのは盲導犬介助犬聴導犬の3種類です。その中でも聴覚障害者の生活を助ける聴導犬は日本ではまだとても少なく、日本補助犬協会の登録では全国で65頭ほどと言われています。聴導犬は警察犬や盲導犬と違いなれる犬種に決まりはありません。今、活躍している聴導犬は小型犬から大型犬まで種...

≫続きを読む

聴導犬はどんな仕事をするの?

聴導犬ってどんなお仕事をしているのでしょうか?聴導犬は耳が聴こえない方に日常生活の中で聴こえないと命に関わる音が鳴った場合にすぐに教えてあげる犬のことです。たとえば自宅で料理をしたあと、ガスを切るのを忘れていたとします。すると、ガス警報器が鳴ります。でも耳の不自由な方だと、ガス警報器の音が聴こえませ...

≫続きを読む

聴導犬の数って具体的に日本に何頭いるの?

聴導犬の頭数って具体的にどれくらいなのでしょうか?2016年11月現在、聴導犬の頭数は64頭です。盲導犬の頭数は966頭、介助犬の頭数は73頭います。聴導犬の数は盲導犬の数の約15分の1です。と考えると、聴導犬は盲導犬ほど普及していないってことです。ちなみに聴導犬の歴史は古いです。1981年から聴導...

≫続きを読む

聴導犬は引退後どうなる?

悪徳ブリーダーだったら繁殖犬が引退後、ひどいことをしてそうな感じがしますね。では聴導犬の引退後ってどうなるのでしょう?「もしかして聴導犬の引退後は安楽死処分なのかな・・・」と不安に感じているかもしれませんね。あるいは「引退などなくて聴導犬は死ぬまで過酷な労働をさせられるのかな」と思ったかもしれません...

≫続きを読む

聴導犬の課題とは?

聴導犬って現在、何頭活躍しているか知っていますか?聴導犬は量産されているわけではありません。本当に少ないです。実際、2010年時点で盲導犬が1070頭に対して聴導犬は26頭です。めっちゃ少ないですね。聴導犬は盲導犬の約40分の1しかいません。それくらい少ないです。なのに聴導犬を必要としている方はもっ...

≫続きを読む

スポンサードリンク


トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材