盲導犬 介助犬 聴導犬

盲導犬・介助犬・聴導犬の違いは?

聴導犬・盲導犬・介助犬

 

日本には、盲導犬、介助犬、聴導犬の3種類の補助犬がいます。

 

  • 目の不自由な人の歩行などをサポートする盲導犬
  • 身体の不自由な人の生活をサポートする介助犬
  • 耳の不自由な人に音をしらせる聴導犬

 

盲導犬の役割

 

盲導犬

 

補助犬のなかでも一番認知度が高く町でも時々見かけますよね。
盲導犬の大切な仕事は、目の不自由な人が安全に歩くお手伝いをすることです。

 

盲導犬は、道の端に沿って利用者の速度にあわせてまっすぐ歩く、
障害物をよける、交差点や段差の前で止まるなどの訓練を受けています。

 

しかし、盲導犬は、目的地まで道順や信号の色がわかりません。

 

盲導犬のユーザーである視覚障害者自身が、目的地までの道順を覚え、
信号も周りの音や足音の変化などから状況を判断し盲導犬に指示をだして歩きます。

 

盲導犬と視覚障害者との歩行は、人と犬との共同作業で出来ることなんですね。

 

介助犬の役割

 

介助犬

 

介助犬は、身体の不自由な人の日常生活を手伝ってくれます。
落としたもの拾ったり、ドアの開閉、指示されて物を持ってくるなど多くのことを助けてくれます。

 

介助犬は、盲導犬、聴導犬と違い、利用者の障害のある箇所、
障害の重さによっても覚える動作が違い、それぞれの動作に訓練が必要です。

 

また、介助犬の世話をすることでユーザーの方のリハビリにも
なったり、自尊心が芽生えることも期待できます。

 

ユーザーの方と、介助犬が共に生活することで日常生活にも
潤いを与えてくれます。

 

聴導犬の役割

 

聴導犬

 

聴導犬は日常の音をユーザーの聴覚障害者にタッチすることで教えてくれます。
赤ちゃんの鳴き声、お湯が沸いた音、ドアのチャイム、
目覚まし時計など日常生活に必要な音を聞き分けます。

 

聴導犬は、音を聞き分けてその音のするところまで連れて行ってくれます。

 

また、警報機の音など聴覚障害者の安全を守る音を教えることも大切な仕事です。

 

聴導犬は、音が聞こえない聴覚障害者の方の不安を
軽減するだけでなく快適で安全に生活するサポートもしてくれます。

 

盲導犬、聴導犬、介助犬は必要とする人の障害によって分けられます。

 

名前に違いはあっても、利用者の生活をサポートし向上させてくれることに違いはないようですね。

 

こちらも参考に!⇒盲導犬訓練士になるにはどんな試練に耐える必要がありますか?

 

スポンサードリンク

関連ページ

聴導犬育成に関する3つの問題点とは?
聴導犬育成に関する3つの問題点とは何でしょうか?わかりやすく解説しました。
聴導犬になれる犬種って決まってるの?
聴導犬になれる犬種って決まってるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
聴導犬はどんな仕事をするの?
聴導犬はどんな仕事をするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
聴導犬の数って具体的に日本に何頭いるの?
聴導犬の数って具体的に日本に何頭いるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
聴導犬は引退後どうなる?
聴導犬は引退後どうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
聴導犬の課題とは?
聴導犬の課題ってなんでしょう?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材