介助犬

介助犬記事一覧

介助犬の仕事について

介助犬ってどんなお仕事をしているのでしょう?介助犬のイメージってみんな違うと思います。ただ介助犬のお仕事は大きくみて2つのことしかしていません。介助犬のお仕事をおおまかにみると介助犬の口を使っておこなうお仕事介助犬の足を使っておこなうお仕事の2つしかありません。要するに介助犬のお仕事は口と足を使って...

≫続きを読む

介助犬とは?

介助犬とはどんな犬のことをいうのでしょうか?介助犬とは歩くことができないなどの体の不自由な方に対して落ちている大事なものを拾うドアを開けたり閉めたりと出入りを手伝う人間が必要な物を指示ひとつで持ってきてくれる調子が悪くて人間の助けが必要なときに助けを呼んでくれるリモコンなどのボタンを押してくれるとい...

≫続きを読む

介助犬になれる犬種って決まってるの?

介助犬とは体の不自由な体をサポートする犬のことです。詳しい介助犬の定義についてはこちらの記事をご覧ください。⇒介助犬とは?この記事では介助犬になれる犬種って決まっているのか?解説します。介助犬になれる犬種とは?まず介助犬になる犬は意外なところから来ています。たとえば盲導犬を育成するためにトレーニング...

≫続きを読む

介助犬の訓練ってどんなことしてるの?

介助犬として活躍するまでにたくさんの訓練を受ける必要があります。簡単な話ではありません。そもそも介助犬はお金持ちの家でよくいるような家政婦さんではありません。家政婦さんは料理を作ったり掃除をしたりといった身の回りの世話をするのがお仕事です。もちろん家政婦さんになるための訓練を受けているでしょう。です...

≫続きを読む

介助犬の訓練の仕方

介助犬の訓練の仕方には基礎訓練介助動作訓練合同訓練の3種類があります。基礎訓練は主に、生後12か月から24か月の間に行われます。基礎訓練は、座る、伏せる、待つ、止まるなどの基本動作を訓練します。また、この時期に候補犬の性格を見極めるための適性評価も行われます。基礎訓練の仕方は、訓練士がボールやおもち...

≫続きを読む

介助犬育成にかかる費用と介助犬の一生にかかる費用はいくら?

この記事では介助犬育成にかかる費用介助犬が生まれてから亡くなるまでにかかる費用について解説します。介助犬育成にかかる費用まず介助犬になるまでに約1年かかります。『約』1年です。たとえば麻痺の程度が強い方のための介助犬育成期間と麻痺の程度が軽い方のための介助犬育成期間は当然違います。ちなみに介助犬を育...

≫続きを読む

どんな種類の犬が介助犬になれるの?

介助犬とは体の不自由な方の日常生活を助ける犬のことです。自分の体を自由に動かすことができない方が声をかけるだけで介助犬はうまく動いてくれます。介助犬は昭和50年にアメリカで誕生しました。平成4年にようやくアメリカから日本に介助犬がやってきました。それから3年後の平成7年1月に日本で訓練して認められた...

≫続きを読む

介助犬訓練士になるには?

介助犬訓練士になるにはどうすればよいのでしょうか?たとえばドッグトレーナーになるにはどうすればよいか?という情報ならネットで検索すればたくさん出てくることでしょう。でも『介助犬訓練士になるには』という情報はドッグトレーナーの情報とは比べ物にならないくらい少ないのが現状です。そこでこの記事では介助犬訓...

≫続きを読む

介助犬訓練士の給料ってどれくらい?

介助犬訓練士は介助犬を育成する専門家です。プロです。犬のプロといえば他にも獣医師がいます。獣医師のお給料は月40万円くらいもらえたりします。月40万円あったら、レクサスといった高級車に乗ることも可能です。マンションを購入することもできるでしょう。彼氏、彼女を助手席に乗せて遊園地までレクサスで行くこと...

≫続きを読む

介助犬の指示語を伝授します

介助犬に限った話ではありませんが犬は複数の単語を並べても理解できません。たとえば、「今日は衆議院議員の選挙があって、立憲民主党が野党第一党になったんですよ」くらいの複雑な日本語を介助犬を含んだ犬は理解できません。とはいえ、介助犬は体の不自由な方のために落ちた財布を拾うドアを開けてもらう危険人物が襲っ...

≫続きを読む

介助犬のトイレってどうしているの?

介助犬だって犬です。ウンチもオシッコもします。介助犬もトイレをするってことです。毒を飲んだり、食べ過ぎたらゲロゲロ嘔吐することもあります。そういうと、「介助犬って汚いな。体の不自由なユーザーさんと外出中、介助犬がオシッコとかウンコをしたくなったらトイレをどうしているの?」と疑問に感じたかもしれません...

≫続きを読む

介助犬と一緒に飛行機に乗れるの?

もしあなたがブラジルやアメリカに旅行に行きたいとお考えなら飛行機に乗ることが一番だと思います。ただ介助犬と同伴だということなら話は変わってくるでしょう。なぜなら、飛行機に介助犬を乗せれないもしれないからです。もし介助犬と一緒に飛行機に乗ろうとしたら「すみません、犬は飛行機に乗れません」と言われたら、...

≫続きを読む

スポンサードリンク


トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材