セラピードッグ 仕事

セラピードッグはどんなお仕事をしているの?

セラピードッグをご存知ですか?
セラピードッグとは動物介在活動犬のことです。

 

セラピードッグ

 

動物介在活動犬というと、逆にどんな仕事をしているワンちゃんなのか?
よくわからなくなってしまった方もいるかもしれませんね。

 

セラピードッグの日本語名である動物介在活動犬という言葉を分解して
どんな仕事をしているワンちゃんなのか?考えていきましょう。

 

セラピードッグ

 

まず動物介在活動犬の『動物介在』という言葉ですが
動物と接してとか動物が間に入ってといった意味合いです。

 

つまり、人間と人間の間に動物が間に入るということです。

 

次に動物介在活動犬の『活動犬』ですが
人間と人間の間に動物が間に入るわけですが、その動物が犬ということになります。

 

したがってセラピードッグ(動物介在活動犬)は
人間と人間の間にワンちゃんが間に入って様々なお仕事をしているわけです。

 

具体的にセラピードッグがしているお仕事としては
保育園に行って赤ちゃんや乳幼児に命の大切さや弱いものをいじめるのではなく
守ってあげることも大切さを教えています。

 

セラピードッグ

 

本来なら人間である先生が人間である保育園の子供たちに
命の大切さなどを教えてあげるべきなのかもしれません。

 

でも、言葉ではなかなか伝わりません。
そこで犬が間に入って、ある意味直接命の大切さであったり
弱いものを助けてあげる気持ちを子供たちに教えてあげているわけですね。

 

これがセラピードッグのお仕事です。

 

他にもセラピードッグは老人ホームにもお仕事に行きます。

 

セラピードッグ 高齢者

 

老人の方々もワンちゃんと接すると、すごく心が癒されますし
普段以上に元気になり、みんな笑顔になります。

 

これも人間だけで老人を元気にしてあげるには限界があります。
そこで犬が間に入ることで老人の方々を幸せにしてあげれるのです。

 

こんな感じでセラピードッグは人間と接することで
命の尊さや弱いものを大事にする気持ちを育成し
人間の心を幸せな気持ちにするお仕事をしているわけですね。

 

セラピードッグは人間に噛みついたり吠えたりしてはいけません。
お客さんである老人や保育園児に噛みついたら出入り禁止になってしまいますし、
社会問題になってしまいますから。

 

セラピードッグ 子供

 

そういった意味で、セラピードッグ育成にドッグトレーニングはかかせません。
ドッグトレーニングのプロはドッグトレーナーです。

 

もしセラピードッグを育成したり、セラピードッグを保育園や老人ホームに連れて行くお仕事がしたいなら、まずはドッグトレーニングについて学びましょう。

 

こちらなら自宅にいながら簡単に学ぶことができますよ。
⇒ドッグトレーナーになるなら
ペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】

 

 

こちらも参考に!⇒ドッグトレーナーになると犬の気持ちわかりますか?

 

スポンサードリンク

関連ページ

セラピードッグになるためにどんな訓練が必要なの?
セラピードッグになるためにどんな訓練が必要なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
セラピードッグ『チロリ』ってどんな犬?
セラピードッグ『チロリ』ってどんな犬でしょうか?いろんな体験談を踏まえて解説しています。
セラピードッグになるために資格は必要?
セラピードッグになるために資格は必要なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
セラピードッグになれる犬種は?
セラピードッグになれる犬種はどんな犬種なのか?わかりやすく解説しました。
セラピードッグとは?
セラピードッグとは何か?わかりやすく解説しました。
セラピードッグのデメリットは?
セラピードッグのデメリットについてわかりやすく解説しました。
セラピードッグの適正はどうやって調べるの?
セラピードッグの適正はどうやって調べるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
セラピードッグになるための5つの条件とは?
セラピードッグになるための5つの条件についてわかりやすく解説しました。
セラピードッグになるには?
セラピードッグになるにはどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 おすすめの学校 おすすめの書籍・教材